「on」する家って? [すまいづくり]への想い 施工事例 安心の工法 家づくりの流れ お客様の声 不動産情報 賃貸情報

マルニホームのブログ

ブログやるならJUGEM

夜パーラーでのひととき

こんにちは 小田部久子です

 

娘と私が今年出会った大切なものの一つが

 

蔵の街 栃木市の喫茶店パーラーです

 

12月27日夜 この日が今年最後のパーラーの日

 

夜の忘年会にと店主よりお誘いを受け

主人と二人で参加をさせて頂く事にしました

 

 

ここは江戸時代の商人関根家の建物で

昨年、喫茶店パーラーとして

大正12年建築のこの建物に灯りが灯りました

 

私は絵本でロベルト・インノチェンティの「百年の家」を思い出しました

一軒の古い家が自分史を語る様に

そこに住む人々が一日一日を紡いでいくその積み重ねが

歴史をつくっている事を伝えています

 

「家に命を吹き込む」という事を伝えている本です

 

昨日参加した第1回の夜のパーラーでのひとときは

歴史を紡いできた建物の中で

古いものと新しいものの共存の素晴らしさを語る人々の集まりで

年の瀬にこんな風に大切な時間を過ごせる事は幸せな事でした

 

ここは「ここにきてよかった」そう思える場所

ひき寄せられる不思議な魅力

この不思議な力はなんだろう

 

何故だろうとの不思議に誘われ何度も通ったお店は

カフェと呼んではいけない様な気がしました

何故だろう

 

それは間違いなく建物とそこに息づく人々の生き方

 

店主のハンドドリップでいれてくれる一杯のコーヒーに

全てがはいっているようにみえます

 

年の瀬にパーラーを愛する人々が集ったこの場所には

様々な人がいました

 

スーツ姿のサラリーマン

つなぎの服を着た仕事帰りの男性

小さいお子さんをつれたお母さん

この街を愛する公務員

学生

 

店主がハンドドリップでコーヒーをいれている時

だれかがこんな事をいいました

 

「何も考えないで過ごしているとなんの意味も残さないが

 一つの事を大切に考えて過ごすと

 意味のある大切なものに変わっていく

 その全てを決定するのは自分の意志だけだ」と

 

一杯のコーヒーをいれてくれるあたたかい場所で

様々な人が一年を振り返り

様々な思いで過ごしたこの時間はあたたかく

また来年もここに来られますようにと思いました

 

 



  • calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    お問い合わせはこちら
    〒322-0046 栃木県鹿沼市樅山町45-1
    FAX:0289-62-2832 mail : maruni@bc9.ne.jp