「on」する家って? [すまいづくり]への想い 施工事例 安心の工法 家づくりの流れ お客様の声 不動産情報 賃貸情報

マルニホームのブログ

ブログやるならJUGEM

整理収納の基礎知識

こんにちは 整理収納アドバイザーの小田部 久子です

 

先日、扉をはずした食器棚に

 

朝ご飯で使用する器類をまとめました。

 

人数分の茶碗、汁椀、小皿、ヨーグルト皿、湯呑です。

 

 

この様に、同じタイミングで使うアイテムを

 

ひとまとめする方法を

 

【グルーピング法】と言います

 

この食器戸棚には「来客用のお茶セット」も収納しました。

 

これもグルーピング法です

 

食器棚に扉がついていた時にくらべて

 

扉をはずした状態は

 

動作が1アクション少なくなり、更に

 

グルーピング法で動線お短くなって

 

手間がかからずになり食事の準備も

 

楽になりました。

 


日々とわたし

こんにちは 小田部 久子です

 

今日、元気をもらっているもの

 

 

テーブルに飾った少し変わったヒマワリ❀

黄色がとてもきれいで。

 

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホが描いた

ヒマワリの花の種類に似ています

 

 

姉からもらったりんご酢。

透き通る色がすごくきれいで。

 

この爽やかな朝の一杯を飲む時

今日も頑張ろう!と思う

 

 

それから読書の時間。

このひと時が一日の中で、心がほぐれていく時。

 

今読んでいる本は

有川浩さんの「阪急電車」

 

そして次に読む本を眺める時。

次にスタンバイしている本は

川口さんの「思い出が消えないうちに」

 

次の本をスタンバイしているひと時も

とても好きな時間です。

 

昨日友人が

メールでこの本が発売されている事を知らせてくれて

うれしくなりました。

早速本屋さんに向かい購入。

 

知らせてくれた友人にはとても感謝です。

 

近い未来にどんなに小さくても

「わくわくがある」という事は

過ごす毎日の中に、豊かなもの流れていきます。

 

それは、私を助けてくれています。

 

そして一日の終わりの楽しみは

夕焼けです

 

どんな時も空を!

 

きっと今日は素敵な夕焼けになります。

 

 


整理収納の基礎知識

こんにちは 整理収納アドバイザーの小田部久子です

 

今回は我が家の4段の吊戸棚での経験をお伝えします

 

 

毎日使用するお茶碗と汁椀や湯呑等を置いています

 

1日3回、使用頻度は最大です

 

設置場所はキッチンで調理している人にしか見えない場所

 

扉付きで、扉を毎回開け閉めしている事に

 

特に大変さは感じてはいませんでした。

 

しかし先日、扉のねじがゆるみ

 

扉をはずし扉をクリーニングした時、

 

これを機に扉を開け閉めしないという

 

1アクション減らした生活をしてみようと思いました。

 

整理収納の鉄則の一つでもある

 

【1アクションで出せる収納術】です

 

この良いところは

 

〇短

∈邏箸スムーズ

 

働く方にお勧めの収納術でおすすめしていました

 

扉があるかないかは、収納物を見せる見せない等

 

見え方の問題では皆さん意見は様々な分野です

 

吊戸棚の扉無しを経験した感想ですが

 

「とても楽です!」

 

楽過ぎて扉を付けられなくなりました

 

この日から扉を付けていません

 

使用頻度を考慮し物を置く高さを考えて

 

更に1アクション減らしてみると

 

毎日の生活がよりスムーズになり

 

更に「快適さ」が得られると思います。

 

 


きっと明日はいい天気

こんにちは 小田部 久子です

 

「にじ」という歌詞が素敵な歌に出会いました

 

6歳の姪が歌ってくれたのですが

とても感動しました。

 

今日傘寿を迎えた父に歌をプレゼントしました

人生、雨の日も風の日も乗り越えて来た父へ。

 

傘寿とはかさと書きます

傘は八と十でできているため

80歳の記念の日を傘寿というそうです

 

虹の歌はそんな傘寿のお祝いに

ぴったりでした

 

この歌を歌うと私も

不思議と元気がでるのです

 

 

 

【虹】

 

庭のシャベルが 1日ぬれて

雨が上がって くしゃみを1つ

 

雲が流れて 光がさして

見上げてみれば

 

※ラララ 虹が虹が 空に向かって

 君の 君の 気分も晴れて

 きっと明日は いい天気

 きっと明日は いい天気

 

 

洗濯ものが 1日ぬれて

風に吹かれて くしゃみを1つ

 

雲が流れて 光がさして

見上げてみれば

 

ラララ 虹が虹が 空にむかって

君の 君の 気分も晴れて

きっと明日は いい天気 

きっと明日は いい天気

 

 

あの子の遠足 1日のびて

涙かわいて くしゃみを1つ

 

雲が流れて 光がさして

見上げてみれば

 

ラララ 虹が虹が 空に向かって

君の君の 気分も晴れて

きっと明日は いい天気

きっと明日は いい天気

 

 

 


ホストファミリーを終えて

こんにちは 小田部久子です

 

毎年お受けしているホストファミリーの期間が

今年も終わりました

 

アメリカのノースダコタ大学音楽学部の生徒です

 

今年我が家に一週間宿泊した学生はピアノを専攻しており

目標はアメリカの映画音楽を作成する事だそうです

 

大学から自転車での帰宅時に突然の大雨が襲い

とても長い時間をかけて自宅にたどり着いた時の出来事を

「サイクル」という曲にしました

 

サイクルは自転車のサイクルと

気持ちが変化していくサイクルにかけたのかと思えるほど

100も200もの心の変化が短い一曲につまっていました

 

人は突然の大雨に打ちひしがれる時

心にハッピーな事など存在するのだろうか

複雑な思いが凝縮した曲であるはずなのに

なぜか彼の曲はとてもうつくしかった事に

私はとても感動しました

 

「家づくり」と「音楽」には共通点が沢山あります

 

まずどちらも「木」で作られているという事

 

言葉ではなく音だけに思いを込める「音楽」と

誰かの為にという想いを形にする「家づくり」

 

食事は味であったり匂いであったり

お腹いっぱいになったりするけれど

音楽や建築は音や形に隠れた思いを感じられる

 

作曲家とそれを演奏する演奏家

 

設計士とお施主様

 

ノースダコタ大学の学生の音楽から

沢山の事を教えてもらった一週間でした。

 


菖蒲の花

こんにちは 小田部久子です

 

私の大事にしている菖蒲の花です

 

 

見ての通り花器はお釜です

 

父が長年使用してきた思い出のお釜です

 

家の裏にかまどがあって

 

そこで祖母がこのお釜でごはんを炊いていた風景

 

私も覚えていて懐かしいです

 

父が菖蒲の花を植えて毎年我が家に届けてくれるのが

 

恒例行事でしたが、その父も力がなくなり昨年から

 

私がその恒例行事を引き継ぎました

 

やっぱりこのお釜の花が見られない年は

 

さびしいなと思います

 

父の指導をうけながら引き継ぎ頑張っています。


蓮の花

こんにちは 小田部久子です

 

庭の蓮の花がさきました

 

 

決して美しいとは言えない環境の泥の中から

 

花を咲かせる泥中蓮華の花

 

 

メダカも一緒に飼っています

 

 

初夏

 

田んぼには水が入り

田植えが始まりました

 

子供の頃、田植えはお祭りでした

 

この時期だけの初夏の風は

 

本当に気持ちがいいです

 

蛙の声

 

草の揺れる音

 

いろんな初夏の音が心地よい毎日です


日々とわたし・

こんにちは 小田部久子です

 

宇都宮市のオリオン通りを西から東へを歩き終わると

 

タピオカのお茶のお店の看板が目にはいり立ち寄ってみました

 

「日々とわたし,」というカフェです

 

とても美味しいロイヤルミルクティーのタピオカのお茶を頂き

 

店内は、木とドライフラワーの飾りがとても心地よく

 

持ち帰りでとお茶をたのんだのですが

 

店内でゆっくり休んですごしました

 

 

ドライフラワーの花束がいくつもあるのですが

 

一つ一つちがっていて

 

その場所に合わせた花束というコンセプトが

素敵だなと思いました

 

帰りのレジのところに

こんな可愛らしい木の家のランプがともっていました

 

手作りだそうです

 

最後までやさしい店内でした

 

お見せの名前も

「日々

 と

 わたし、」の「、」がつけられたところがいいなと思いました

 

わたし、〇〇〜と続く文章は訪れた人それぞれが違って

 

素敵な所だと思います

 

 

 

 


整理収納の基礎知識

こんにちは 小田部 久子です

 

整理収納5つの鉄則の

 

適正量の決定

定位置管理

動作・動線にかなった収納

をお伝えしてまいりました

 

今回は使用頻度別収納をお伝えしたいと思います

 

ものの使用頻度を5つにわけてみます

 

1.毎日使用するもの

2.2〜3日に1度使用するもの

3.1週間に1度使用するもの

4.1カ月に一度使用するもの

5.1年に1度使用するもの

 

上記に当てはまらないモノは

未使用なものや、使用予定がないもの

などがあげられます

 

ここではこれらのものを「第6のボックス」

収納するご提案です。

 

「本当に必要なものにだけ囲まれて生活をする」という

シンプルな生活スタイルです

 

1年に1度も使用しなかった持ち物との上手な付き合い方が

整理収納を上手にするコツです。

 

捨てられないものは無理に捨てる必要はありません

まず 崑茖兇離椒奪ス」に収納します

次に箱の表に収納の中身の記入

次に収納した日付の記入

 

この時に忘れてはいけない事は

捨てられない箱にも、整理収納5つの鉄則の

‥正量の決定

定位置管理を行って下さい

 

「第6のボックス」がどんどん増えて

決めた適正量や定位置に収納できなくなった時は

「収納場所を増やす」作業ではなく

物を減らす作業を選択してみてください

ボックスの表に書いた古い日付から

処分をするとルールを決めておいたり

 

記入した日付を見て

こんなに長い時間使用しなかった事や量が分かると

何を処分してよいかが自然とわかってきます

 

「第6のボックス」に収納する時には

必要であったものが

時が過ぎるともう必要でなくなっている場合もあります

 

「第6のボックス」という存在をつくり

見直す事によって

物が増えない生活スタイルに変わって行きます

 

 

 

 

 


初夏の花

こんにちは 小田部久子です

 

庭のしゃくなげの花が満開です

 

毎年、この花が咲くと初夏の訪れを感じます。

 

花言葉は「荘厳」

 

庭にしゃくなげの花が咲くと

 

川上澄夫美術館に、この時期のみ展示される

 

「初夏の風」を見に行きます

 

川上澄夫さんの愛蔵の壁掛け時計の前にたって

 

振り子の揺れる音を聞きながら鑑賞が好きです。

 

「はつなつのかぜとなりたや」と繰り返す詩が好きです

 

「初夏」を「はつなつ」と読むところも好きです

 

この作品の前に立って

 

 

風を感じられる尊い時間が好きです

 


| 1/52PAGES | >>

  • calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    お問い合わせはこちら
    〒322-0046 栃木県鹿沼市樅山町45-1
    FAX:0289-62-2832 mail : maruni@bc9.ne.jp