「on」する家って? [すまいづくり]への想い 施工事例 安心の工法 家づくりの流れ お客様の声 不動産情報 賃貸情報

マルニホームのブログ

ブログやるならJUGEM

インテリアの力

こんにちは 小田部 久子です

 

先日参加した講座の中で

 

最新のロンドンのインテリア事情を学ぶ事が出来ました

 

既存建築をホテルやブディックにリノベーションしたものです

 

リノベーションとは

 

価値の再生の為の改修で

「新しい価値を生み出す」という力が加わります

 

そこにはアートがあり

草花のゆらぎがあり

照明、色、香り等の総合力で

 

インテリアの力が大きく関わっています

 

人間の五感を解き放つものが存在し

 

人の生き様に感じてほしいものが

 

そこにはあるように感じました

 

素晴らしいなと思いました

 

五感を感じて生きるという事が

 

生きていく上で大きな支えになる事

 

感性がいかに大事か

 

インテリアから学ぶ事はとても深いものがありました

 

大きな事はモチベーションが高まる事です

 

自分の発する言葉も変化します

 

そして何より

 

Sence of arrival

センスオブアライバル!

 

人が到着した時に与える感動です

 

そんなワクワク、ドキドキした経験ありませんか

 

その時の事を思い出してみてください

 

そんな力を持っているのがインテリアです

 

身近にある日本の伝統美学をもっと学んでみたいと思いました

 

 

 

 


大寒の時

こんにちは 小田部 久子です

 

今日は大寒です

 

冬の暦で目にする言葉で「大寒」は印象的です

 

今日から2月3日まで厳しい寒さが続きます

 

でも気づけばいつの間にか立春

 

待ちわびた季節はすぐそこ。

 

 

「幾たびも 雪の深さ 尋ねける」 正岡子規

 

子規はだれに尋ねたのだろと思う

 

今日の空 大寒の空

真っ青な空に雲二つ流れていた

 

 

「真っ青な空に雲二つ」

 

これは二十歳の時に読んだ詩の冒頭部分

 

自分のそばにはきっと見ていてくれる人がいる

 

友達の姿がうつった

 

この詩が好きで

いつも空を見上げると雲二つ探すくせがある

 

「遠山に陽の当たる枯野かな」 高浜虚子

 

枯野から遠くの山をみると必ず陽が当たっているからと

冬の句です

 

冬は必ず春に

 

待ちわびた春はもうすぐです

 

 


思い出すこと

こんにちは 小田部 久子です

 

先日、若いお母様に幼稚園から電話がはいりました

 

「高熱が出てますのですぐお迎えに来て下さい」

 

とてもあわてられ、すぐお迎えに行きました

 

その後「心配しましたが大丈夫でしたので

ご安心下さい」とのメールが届きました

 

大人になって思い出す事は

 

あの日あんなにあわててお迎えに来てくれた時の

母親の顔とか声とか覚えているものです

 

きっとそんな日常の出来事

 

私は小さい頃、自宅近くの湧水をくみにいった時の事をよく思いだします

コップを持って姉と歩いている時の事

 

もう大人になった二人の子供達も

 

高熱が出て病院に行ったときの病院の廊下の事とか

 

背中に負ぶわれて診察室に向かう時の事とか

小さい頃の事思い出し時々話をします

 

「お母さん重たくてごめんね」といった息子の言葉

背中の重み

思い出します

 

家族がみんな出かけてしまい

自宅で娘と二人きりで過ごす初めての2日間

ウサギのぬいぐるみを買った事とか

 

幼稚園に迎えにいき二人でファミレスでご飯食べた事とか

まだ小さい時の事を懐かしく思い出すのです

 

なんてささいな事なのか

人は涙を浮かべて思い出す

 

どうしてこんなにも懐かしいのだろう

 

 

ある方は

昔住んでいた自宅の玄関に

小さな小窓があったそうです

 

その窓から見る景色も

その窓越しに見える働いているお父様の姿が大好きだったそうです

 

自分が自宅を新築する時には

そんな思い出に残る場所を作りたいとおっしゃっておりました

 

毎日必ずやってくる日常が

どんなに大切なものなのかと思います

 


手づくり

こんにちは 小田部 久子です

 

スタッフの原田、渡辺の制作椅子です

 

 

北押原小学校前に今春オープンする

モデルハウスの外壁材を使用して制作しました

 

右が外壁材の端材の杉材

左が床材の端材で制作したもので、パイン材で制作しました

木の持つ空気感がとても好きです

 

この二つの杉材とパン材でも

かもし出すたたづまいも違います

 

木の恵みです

 

スタッフの原田、渡辺が1つ1つ作りました

中も木の枠をしっかり作って

制作しています。

 

性能や機能、素材だけでなく

そこに製作者の想いが入って初めて

「よかった」と思って頂けると思っています

 

愉しみながら制作したスタッフの想いが

伝わってくれると嬉しいです

 

 

 

 


赤い花

こんにちは 小田部 久子です

 

リオそして平昌オリンピックでは

メダリスト選手に贈るビクトリーブーケがなかったといわれます

 

今年の東京オリンピックでは

またビクトリーブーケの復活が決定いたしました

 

花を贈ると言う事は

言葉で伝えられないものまで

相手に届けてくれる最高の贈り物だと思います

 

花屋さんに行きその話をすると

戦後の東京のお話を教えて下さいました

 

戦後の東京で売れたものは

赤い花だった事をしりました。

 

どんな時代であっても

花束から伝わる想いは

人を励ます大きな力になると思います

 

 


花の言葉

こんにちは 小田部 久子です

 

ある理由から9本のお花を贈る事になりました

 

9本分の薔薇の花びらを分解し、

1つの大きな花を作ってみようと思いました

 

初めての事でしたので

自信がありませんでしたが

喜んで頂けると思いました

制作してみると9本は無理で、

4本しか合わせる事ができませんでしたが

ひときわ大きな薔薇が出来ました

 

制作するきっかけは

花屋さんの受付に

何百枚もの薔薇の花びらを重ね合わせてつくった

真っ赤な薔薇のブーケがありました

 

そのブーケは来る人をじっと出迎えておりました

「200枚の花びらを合わせて制作致しました」とも

なにも言葉は書いてありませんでしたが

心が伝わってきました

私はそのブーケにとても感動しました

 

「私もこんな人になりたいな」と思いました

 

花も音楽も住まいも

性能や素材がいいというだけではなく

 

心から心地いいと思えるもの

心をゆさぶるものは

制作者の想い、贈る人の想いが反映されているものだと思います

 

 


未来の建築を思考するフォーラムに参加して

こんにちは 小田部 久子です

 

昨日「未来の建築を思考する」フォーラム2020のセミナーに参加してきました

 

目に見えないデザインの力の強さを深く学ぶ事ができました

 

未来にむけたデザインや

 

自分らしさのデザインについても勉強になりました

 

フォーラムに参加して改めて再確認した事は

 

性能だけでは「住んでみてよかった」と思える家にはならないと言う事でした

マルニホームが大切にしてきた事でした

私達が守り続けて行きたいものです

 

設計者の想いや住むご家族様の想いが建物に伝わってこそ

 

「住んでみてよかった」と初めて思って下さる

 

そんな家づくりを大切に続けて行きたいと思います

 

 


美しさ・強さ

こんにちは 小田部 久子です

 

毎日生活している上で、様々な選択肢が目の前に現れます

 

そんな時、何を基準に物事を判断したらよいのか

 

どうやって自分の行動を決めたらいいのか

 

私の1つの基準は

「美しいかどうか」

 

いつも弱い自分が足をひっぱります

 

そんな時

 

今まで目にした美しい事がそっと力をくれます

 

常日頃、ただ「楽しい」

 

という事にのみ終始していると

 

いざという時、力がでてこないのです

日常の生活のちょっとした所に

 

その差は現れてくると思います

 

「美しいもの」に接する機会を積み重ねていく努力を

重ねていきたいと思っています

 

美しいものに気づくか

気づかないか

 

先日美容室に見事な蘭がありました

 

あふれんばかりの蘭の勢い

あふるる黄色の花びらの先に赤い色を装った蘭は

見る人を勇気つける強さを秘めていました

 

そして後ろにまっすぐ立つ白い蘭が

しっかり見守っている

 

誰にも色と付けずにじっと見守ってくれている

影の人が必ずいます

 

「強さ」と「美しさ」を兼ねそろえた蘭に

元気をもらいました

美しさの中に隠された真実に気づかされながら

美しさから学ぶ事はいっぱいあります

 

その事が自分を救う武器になっています

 

蘭はお母様からの贈り物だと伺いました

 

毎年贈る事を楽しみにされているという事も伺いました

お母様の気持ちがつまったお花だったのです

 

花から届く感情

花に託した想い

 

本当の美しさとは

目に見えないのだと改めて感じました

 

 

 

 

 

 


タイルの美しさに魅せられて

こんにちは 小田部久子です

 

「住まいを彩るタイル」

 をご紹介いたします

 

「キッチンとタイル」をご紹介します

 

タイルを使用すると

キッチンが一度に華やかになります

色とりどりの色合いがあります

 

タイルは木ととても似合います

 

 

タイルに光が差し込んだ時

とてもきれいです

 

タイルはやきものなので

やわらかい色合いがとても心地よいです

 

キッチンにいる時間は多いので

 

なにか一つ美しいものに囲まれると

心なごみますね

お花を飾ってみても素敵ですね

 

タイルは

色あせない「強さ」と「美しさ」があります

 

住まいを彩るタイルの魅力に魅せられました

 

 

 

 

 


思い出に残る花束

こんにちは 小田部 久子です

 

娘の成人式当日に

友人が花束を贈ってくれました

 

 

とても嬉しかったです

 

私も成人した日

花束を贈ってくれた人がいました

 

本当にうれしく何年たっても成人式の日の事を

語る時、最初に話す事が

成人式の日、花束頂いたことです

 

一生懸命走り、たどり着いた二十歳の日のサプライズでしたから

忘れるはずはありません

 

娘も成人式を迎えた日に

私と同じ様に花束で祝ってくれたは

私の友人でした

30年前の私の時と同じ事に

驚きと感動で胸いっぱいになりました

 

娘が一生懸命たどり着いた二十歳

 

花束が全部包んでくれたようです

 

ありがとう

 


| 1/57PAGES | >>

  • calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    お問い合わせはこちら
    〒322-0046 栃木県鹿沼市樅山町45-1
    FAX:0289-62-2832 mail : maruni@bc9.ne.jp