「on」する家って? [すまいづくり]への想い 施工事例 安心の工法 家づくりの流れ お客様の声 不動産情報 賃貸情報

マルニホームのブログ

ブログやるならJUGEM

本格和室のある家

社長は言います。

「マルニホームらしい家だね」と言われるのではなく、「〇〇さんらしい家だね」と言われたい。

 

マルニホームの家はどれ一つも同じ家はありません。

マルニホームでは、それぞれのお客様に寄り添い一緒に家を造り上げていきます。

 

このカテゴリー「マルニの家」では、いろいろな角度からマルニの家をご紹介していきたいと思います。

 

最近、床の間や、欄間があるような真壁の本格的な和室を作るケースがめっきり少なくなってきています。

このような和室を造るのは大工さんの腕の見せ所。だんだんそれが出来る大工さんも減ってきているとか。

昔は当たり前にあった風景がだんだんなくなってきているのはちょっと寂しい気がしますね。

 

福田栄邸 029.jpg 

敷目天井に京壁、日光杉の180角の床柱、エンジュの床框。

欄間付きの2間続きの和室。

福田栄邸 027.jpg 

欄間付き上げ下げ障子

福田栄邸 031.jpg 

檜の無垢床の広縁

 

070417 048.jpg 

格天井

070417 046.jpg 

 

038.jpg

黒檀150角の床柱 床框は旧宅のものを再利用しています。

杢目の敷目天井 壁は京壁 

045.jpg 

広縁の間は欄間障子で仕切ります。

042.jpg 

檜の無垢床の広縁

 

完成(プロ) 018.jpg 

2間続きの和室 

ジュラク塗の京壁、木目の敷目天井、床柱は杉絞丸太、床框は欅貼、落掛は欅貼、廻り縁は檜集成

 

 

 

 

 


小さな基地のある暮らし

社長は言います。

「マルニホームらしい家だね」と言われるのではなく、「〇〇さんらしい家だね」と言われたい。

 

マルニホームの家はどれ一つも同じ家はありません。

マルニホームでは、それぞれのお客様に寄り添い一緒に家を造り上げていきます。

 

このカテゴリー「マルニの家」では、いろいろな角度からマルニの家をご紹介していきたいと思います。

 

家族の気配を感じながらも自分だけの世界も欲しい。

今回はリビングの一角に小さな自分だけの基地を作ったお宅をご紹介いたします。

 

001-1.jpg 

リビングテレビ台の後ろに小さな基地を作りました。

021HP.jpg 

ランドセルが置ける棚、マガジンラック、コルクボード、

カウンター下にも書類等が置けるような棚を作りました。

 

001-HP.jpg

ペニンシュラキッチンのタイルの壁面の後ろに小さな基地を作りました。

021HP-.jpg 

大容量の収納棚付き。

 

n7HP.jpg 

リビング 壁の後ろに小さな基地を作りました。

008.jpg 

明るい居心地の良い空間です。 飾り窓から家族の様子を伺えます。

 

001burogu.jpg 

リビングテレビ台の後ろにスタディコーナーを造りました。

007.jpg 

キッチンに立つお母さんから宿題をするお子様の様子がよく伺えます。

 

今野浩行様邸 005.jpg 

リビングドアの右側にちょっとしたスペースを作りました。

今野浩行様邸 006.jpg 

カウンター 後ろ側には大きな収納を作りました。

 


床座の生活がしたい 茶の間編

社長は言います。

「マルニホームらしい家だね」と言われるのではなく、「〇〇さんらしい家だね」と言われたい。

 

マルニホームの家はどれ一つも同じ家はありません。

マルニホームでは、それぞれのお客様に寄り添い一緒に家を造り上げていきます。

 

このカテゴリー「マルニの家」では、いろいろな角度からマルニの家をご紹介していきたいと思います。

 

ソファーに座るより、畳の上でくつろぎたい!!

今回は昔ながらの茶の間を見ていきたいと思います。

ダイニングで食卓を囲んでから、移動して和室でくつろぐパターンです。

一つの独立した空間になっているので、お客様がいらしてもゆっくりおくつろぎいただけます。

 

完成(プロ) 023.jpg 

建具を開けておけばキッチンからも見渡せます。

 

完成(プロ) 028.jpg 

本格的な和室。憧れの広い縁側付き。

 

小田部正人邸 016.jpg 

独立した部屋にするのではなく、キッチンからも目に入るよう間仕切り建具で仕切ります。

 

小田部正人邸 017.jpg 

舟形天井の和室。

 

福田栄邸 011.jpg 

建具を開けておけば、広いLDKのようです。

 

福田栄邸 006.jpg 

3枚建具で仕切ります。天井の梁は旧宅のものを再利用しています。

 

福田栄邸 004.jpg 

和の雰囲気にマッチした造作のテレビ台。

 

檜山邸 005.jpg 

柔らかな明るい雰囲気の和室。障子風の背の高い建具でダイニングキッチンとの間を仕切ります。

 

檜山邸 004.jpg 

折り上げ天井の和室。造作のテレビ台も部屋の雰囲気によく合います。

 

 

 

 

 


床座の生活がしたい◆.瀬ぅ縫鵐阿卜拈椶靴刃村璽螢咼鵐

社長は言います。

「マルニホームらしい家だね」と言われるのではなく、「〇〇さんらしい家だね」と言われたい。

 

マルニホームの家はどれ一つも同じ家はありません。

マルニホームでは、それぞれのお客様に寄り添い一緒に家を造り上げていきます。

 

このカテゴリー「マルニの家」では、いろいろな角度からマルニの家をご紹介していきたいと思います。

 

ソファーに座るより、畳の上でくつろぎたい!!

今回はダイニングから一段上げて和室をつくり、

LDKの一体感もありながらも、ちょっと独立した空間でもありというパターンをご紹介します。

ささっと食べる時はダイニングで、家族でゆっくり食卓を囲みたいときは和室リビングでということもアリかもしれません。

 

006.jpg 

キッチンからも和室が見渡せて、楽しいパーティーができるかもしれませんね。

 

005.jpg 

 

015.jpg 

 

猪越様邸 003.jpg 

ダイニングスペースから一段上がって和室リビングへ。

 

猪越様邸 005.jpg 

明るい雰囲気の和室リビング。

 

猪越様邸 013.jpg 

和室でくつろぎながらも、キッチンに立つお母さんがいつでも目に入ります。

 

002-ochiai.jpg 

ダイニングから一段上がって和室リビングへ。

 

007-ochiai.jpg 

3枚引き戸の建具で仕切ることも。

 

005-ochiai.jpg 

3世代にぎやが大家族です。

 

 


床座の生活がしたい ‐リビング編

社長は言います。

「マルニホームらしい家だね」と言われるのではなく、「〇〇さんらしい家だね」と言われたい。

 

マルニホームの家はどれ一つも同じ家はありません。

マルニホームでは、それぞれのお客様に寄り添い一緒に家を造り上げていきます。

 

このカテゴリー「マルニの家」では、いろいろな角度からマルニの家をご紹介していきたいと思います。

 

ソファーに座るより畳の上でくつろぎたい!!

今回はリビングに畳を埋め込んだパターンをご紹介します。

 

002.jpg 

さらっとした和の雰囲気のバンブーフロアーに畳がマッチします。

005‐.jpg 

キッチンからも、畳の上で気持ちよく昼寝するお子様の様子を見渡すことができます。

左の壁面はコルクボードが貼ってあり、気軽にカレンダー等を飾ることが可能に。

その上には神棚を配置

 

kamiyama-004.jpg 

窓側をハイ天井にし、光をふんだんに取り込む気持ちのよい畳リビング。

kamiyama-005.jpg 

対面キッチンです。

 

002-ishikawa.jpg

 

005-ishikawa.jpg

勾配天井で解放感のある畳リビング。

 

005.jpg 

造作のテレビ台の壁面に大谷石を使用。和風の落ち着いた雰囲気に。 

 

naoisama-025.jpg 

障子風建具の向こうには縁側を作りました。

naoisama-030.jpg 

キッチンからも見渡せる畳リビング

 

 

 


畳コーナーを椅子代わりに使ってみる

社長は言います。

「マルニホームらしい家だね」と言われるのではなく、「〇〇さんらしい家だね」と言われたい。

 

マルニホームの家はどれ一つも同じ家はありません。

マルニホームでは、それぞれのお客様に寄り添い一緒に家を造り上げていきます。

 

このカテゴリー「マルニの家」では、いろいろな角度からマルニの家をご紹介していきたいと思います。

 

マルニホームではリビングの一角に畳コーナーを設けることがよくあります。

段差があったりなかったりするのですが、高さを40CMにすると椅子に早変わり。

今回は座って楽、寝転がって気持ちの良い畳コーナーをご紹介いたします。

 

001.jpg 

 

039.jpg 

ダイニングチェアになった畳コーナー。

ダイニングテーブルはまだ設置されていませんが、逆側に座ればスタディコーナーの椅子としても使われます。

畳コーナー下は引き出し収納に。

 

IMG_1224.jpg

こちらもダイニングチェアーに。

畳コーナーでくつろぐ家族とも会話がはずみます。

 

IMG_1210.jpg 

畳コーナー下は収納に。

畳コーナーにしっぽりできる囲炉裏を造りました。

 

naikan2-2.jpg 

キッチンカウンターの椅子として。

キッチンは下げることにより、キッチンに立つお母さんとカウンターに座る家族との目線も近づきます。

 

002.jpg 

キッチンカウンターの椅子として。

カウンター下には引出収納を設けました。

 

032.jpg 

カウンター壁面にはタイルを張り、アクセントをつけました。

 

20121117 014.jpg 

キッチンカウンターの椅子として。

カウンターは造作のダイニングテーブルともつながっているので、

ワイワイと大人数でパーティーも。

 

018.jpg 

こちらは書斎の椅子としての畳コーナーです。

勉強していて疲れたらゴロンと寝転がります。

 

 


玄関ホール正面に大きな壁があったらどう使う?

社長は言います。

「マルニホームらしい家だね」と言われるのではなく、「〇〇さんらしい家だね」と言われたい。

 

マルニホームの家はどれ一つも同じ家はありません。

マルニホームでは、それぞれのお客様に寄り添い一緒に家を造り上げていきます。

 

このカテゴリー「マルニの家」では、いろいろな角度からマルニの家をご紹介していきたいと思います。

 

玄関から家に入り、一番最初に目に入る壁面を皆様はどのようにドレスアップしますか?

その家の第一印象を決める場所でもあります。

お客様に素敵な家だね!!と言われたいですよね。

お施主様の個性が表現される場所でもあります。

 

049-ishikawa.jpg 

壁面両サイドにタイルを貼り、中央に飾り棚を付けました。

間接照明のやわらかな光で壁面を照らします。

 

054.jpg 

ナチュラルな雰囲気のお宅です。

大きい白とブラウンのタイルを貼り、すっきりした印象に。

間接照明でやわらかな雰囲気に。

 

036-uchida.jpg

大谷石で和の雰囲気に。

 

043.jpg 

両サイドに大谷石を貼り、中央に飾り棚を造りました。

大人っぽいシックな印象に。

 

20130718 519.jpg 

大谷石を両サイドに。中央はFIX窓で光を取り込みます。

 

20130718 728.jpg 

正面には和室への建具があります。

その前にRの下がり壁を作り、クロスで貼り分け、印象的に。

 

0095.jpg 

正面はマグネット壁です。

好きな雑貨に磁石をつけペタペタとお好みに飾ることができます。

 

naikan1-4.jpg 

旅館のような玉石を敷いた玄関ホール。

正面の壁面はヒノキの無垢材で、和を演出。

壁後ろは収納になっており、鏡付きげた箱や、ゴルフ道具も収納できるスペースに。

DSCF2456.JPG

 

次からは壁ではなく番外編。

デンとした大黒柱がお出迎え。

045.jpg 

エンジュの大黒柱がお出迎え。 柱横には飾り棚スペースを。

 

完成(プロ) 014.jpg 

旧宅の柱を再利用した大黒柱です。

折上げ天井にして間接照明をつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トイレに一工夫

社長は言います。

「マルニホームらしい家だね」と言われるのではなく、「〇〇さんらしい家だね」と言われたい。

 

マルニホームの家はどれ一つも同じ家はありません。

マルニホームでは、それぞれのお客様に寄り添い一緒に家を造り上げていきます。

 

このカテゴリー「マルニの家」では、いろいろな角度からマルニの家をご紹介していきたいと思います。

 

今回取り上げたいのがトイレ。

なかなかトイレを広くもできないし、お金もかけられない。

でも、ちょっとした一工夫で自分らしさを表現したトイレになりました。

 

022.jpg 

腰壁にはパイン、手洗いカウンターには杉の無垢材を使った和の雰囲気のトイレです。

 

C-2小.jpg

こちらのお宅も無垢材、障子等で和の雰囲気に。

 

0010.jpg

正面壁面の後ろに間接照明をつけました。 

間接照明の柔らかな明かりでモダンな雰囲気に。

 

DSC_9805.JPG 

コンクリートうちっぱなしのようなクロスでシンプルモダンな雰囲気に。

 

027(BUROGU).jpg 

天井につけた間接照明のやわらかな光、落ち着いたクロス

で大人の洗練された雰囲気に。

 

025.jpg 

深いグリーンかかったクロス。

こちらのお宅外壁もこのような雰囲気の色です。

 

019.jpg 

055.jpg 

054.jpg 

葉っぱ?の形の手洗い、星の形?をしたきれいな照明で自由にトイレをアレンジ。

 

 

ポップな壁紙。自動車の形のペーパーホルダー。

遊び心満載。ウキウキするようねトイレです。

 

トイレは自由でいいんです!!

 

 

 

 

 


バンブー(竹)無垢フローリングのある家

社長は言います。

「マルニホームらしい家だね」と言われるのではなく、「〇〇さんらしい家だね」と言われたい。

 

マルニホームの家はどれ一つも同じ家はありません。

マルニホームでは、それぞれのお客様に寄り添い一緒に家を造り上げていきます。

 

このカテゴリー「マルニの家」では、いろいろな角度からマルニの家をご紹介していきたいと思います。

 

今回はバンブーの無垢フローリングのある家です。

さらっとした質感、風合いで素足で歩くのが気持ちの良いバンブーフロアー。

硬くて傷がつきにくく丈夫。抗菌効果もあるとか。

和の雰囲気に良く合います。

 

014.jpg 

子供達の勉強机(写真奥)を備えたリビングダイニングです。 

ランドセルや教科書を置く棚も造作しました。

 

小田部正人邸 022.jpg 

シンプルな階段。さらっとした竹のフローリングともよく合います。

 

IMG_3456.JPG

バンブーフロアーは床暖房にも対応します。 

 

IMG_3459.JPG 

リビングの一角。造作の棚に書類等を収納。カウンターでパソコンを使ってお仕事も。

 

001.jpg 

リビングの一角に畳を敷き床座の生活を。 

バンブーは畳との相性もバッチリです。

 

20130214 050.jpg 

造作のテレビ台のサイドに、マガジンラックを造りました。

テレビ台壁面の大石、畳、バンブーで落ち着いた和の雰囲気に。

 

 


桧(ヒノキ)無垢フローリングのある家

社長は言います。

「マルニホームらしい家だね」と言われるのではなく、「〇〇さんらしい家だね」と言われたい。

 

マルニホームの家はどれ一つも同じ家はありません。

マルニホームでは、それぞれのお客様に寄り添い一緒に家を造り上げていきます。

 

このカテゴリー「マルニの家」では、いろいろな角度からマルニの家をご紹介していきたいと思います。

 

今回はヒノキの無垢フローリングのある家です。

国内最高級の建築材として、構造や内装に使われてきたヒノキ。1000年を超えた今でも威容を誇る法隆寺が、その卓越した耐久性を証明しています。水や湿気に強いヒノキは、伐採後の寿命が2000年とも言われています。

能舞台もヒノキでできており、晴れの場を意味する「檜舞台」の由来となっています。カンナで削られた肌は、艶やかで芳香があり、リラックス効果や抗菌作用が期待されます。

和の雰囲気に良く合います。

 

勾配天井のある平屋建ての家です。どっしりとした落ち着きが感じられます。

gotousama-004.jpg 

 

gotousama-008.jpg 

天井にもヒノキを使用しています。 腰壁はパイン材を使用。

 

広い縁側にヒノキを使いました。

ここでのんびり日向ぼっこをしたら癒されそう。

ご近所さんとのお茶飲みにも。

福田栄邸 031.jpg 

 

こちらの家も和室に隣接した縁側にヒノキを使いました。

013.jpg

ちょっとしたスペースですがゆったりとした時間を過ごせます。

017.jpg

 

自然素材に囲まれた家に暮らしたい。

こちらの家は床には無垢床を、壁や天井には板張りまたは珪藻土を使用しています。

09.jpg 

玄関、廊下。床はヒノキ。壁、天井はパイン。

 

17.jpg

リビング。

床はひのき。

腰壁、折り上げ天井はパイン。その他壁、天井は珪藻土塗り。

13.jpg 

 

05.jpg 

子供室。床はヒノキ。壁、天井はパインを使用。

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/2PAGES | >>

  • calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    お問い合わせはこちら
    〒322-0046 栃木県鹿沼市樅山町45-1
    FAX:0289-62-2832 mail : maruni@bc9.ne.jp